DTM研 第2,3回

こんにちは、DTM研会長のhativです。
2回分まとめてのご報告になりますが、ご容赦ください。


まずは前回(5/10 第2回)ですが、

     ・ミキサーの使い方
     ・オートメーション
     ・プラグインの追加

について触れました。簡単に振り返りましょう。

ミキサーは

     ・各トラック間の音量バランスを調整する
     ・エフェクトをかけて空間表現を行う

…等々、ミックスを行う際に活躍してくれます。
エフェクトは、解析・制御を行うものや、音を歪ませるものなどなど…沢山種類があるので迷ってしまいますが、目的に応じて上手く使い分けましょう。

オートメーションはツマミの操作等のパラメータ操作を、機械的に行ってくれます。

プラグインはその名の通り、拡張するものです。シンセサイザーを追加したい…等々の際に追加する方法や、規格等のお話をしました。



以上、第1,2回目でDTMの基礎的な部分に触れた上で、
第3回目では即興作曲会(1時間DTM)を行いました。

1時間というのは意外と短く、思うように作業が行かなかった人も多かったようです。
短時間でも出来るだけ望んだ方向に持って行けるよう、今後とも経験値を高めて行きたいですね。

それでは以上、DTM研でした。

▲ToTop